回胴遊撃隊BLOG

コホ・木村魚拓・まりも・バイソン松本・中武一日二膳ら、パチスロ必勝ガイドで活躍するパチスロライターのブログ。…と思ったら大間違いの、基本担当編集と漫画部の活動記録。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

G~魚拓哲学

忍とビバドンで昼過ぎまでに4万負け。

その後打ったパチンコもダラダラな展開が続いたら、普通はART機で一発を狙うか、家でふて寝でもするでしょう。

しかし、自分が向かったのはアイムジャグラーEX。

どうして、と思われるであろう選択をしたのはボーナスがよく当たっていたから…ではなく、前日の晩に『G~魚拓哲学』を読んだから。

Gに後押しされて座ったアイジャグは、投資千円でビッグ。終了後にふと思い立って7を目押ししたらキレイに3つ並んでジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリ。その後50Gほどで今度は7・7・BARが3つ揃い。

予想外のロケットスタート。願ってもない展開。これはイケる。3千枚イケると確信してブン回し始めたわけですが、2時間後には下皿はスッカラカンになっていました。

でも、いいんです。結局、負債を千円増やしただけだけど、悔しくはないんです。何故なら、希望の光が見えたから。ジャンバリが聞こえた瞬間に逆転の光景が目に浮かんだんですから、それで満足しなかったら罰当たりってもんでしょう。

パチスロ必勝ガイドとパニック7、それぞれの鬼才が手がけたこの新書。自分に人生3度目くらいのジャンバリを聞かせてくれたわけですから、何か目に見えないパワーがあるのかもしれません。

気になる方は一度、手に取ってみては如何でしょうか?

開店待ちのお供にピッタリな内容ですしね。

マリー

110707_1548~01
スポンサーサイト

| まりも | 00:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始めてみました

ブログ更新は非常にハードルが高いと悟ったので、ツイッターを始めてみました。

ちゃんとツイートできるか自信ありませんし、そもそもツイッターがどういうものかもイマイチ分かっていませんが、ボチボチやっていきますのでお暇な方は覗いてやってください。

ユーザー名(と言うんでしょうか?)は

@marimo_tadokoro

でございます。

ちなみに、田所は小学校時代から使っている偽名です。

では、どうぞよろしく。

マリー

| まりも | 01:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山口レバーオン!!

かなり久しぶりの更新なのに告知で恐縮ですが、yab山口朝日放送で放送中の

『山口レバーオン!!』

にレギュラー出演することになりました。

解説役という自分なんかがやっていいのか不安になる立ち位置ですが、そういうことはなるべく気にせずに収録に臨みたいと思います。

放送日時は毎週火曜日25:40(水曜日の1:40)からです。深夜の放送ですが、観られる地域にお住まいの方は頑張って夜更かししてください。この後、第2回目の放送がありますよ。

なお、記事の右側にある「イベント予定」に収録ホールを掲載しておきます。お暇な方は収録模様を覗きに来てください。

それでは、よろしくお願いします。

マリー

| まりも | 23:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見納め?

先日、久しぶりにパチスロ「バイオハザード」を打ちました。

中途半端なところでARTに入っていた(ボーナス履歴で確認)のが手を出した理由ですが、推定低確からチェリーを契機にARTに入ってみたり、ART中にハズレがなかなかの頻度で出てみたりと、ボーナスが引けない以外は順調な展開。

で、何度目かのビッグでこれまた久々にビッグ絵柄を揃えたところ、終了後のBETとともに…


110425_1738~01
なんと画面奥からタイラントが!!

無限ARTの存在は覚えていたものの、まさか入るとは思っていなかったのでさすがにビビりました。
「うぉ!!」と声が出てしまいました。1人で打ってたのに。

この無限は結局、2回目のビッグで終わってしまったんですが、機種の寿命などを考えるとタイラントを拝めるのもこれが最後かもしれませんね。今後、打つ機会もあまりないでしょうし。打てば面白いと思うんですけどね。



ちなみに、ボトムズも打ったんですが、あれ、スゴいですね。
スゴすぎて震えが走りました。

もう一度打つには自らを相当、奮い立たせる必要がありそうです。


(C)CAPCOM CO. LTD. 2006 ALL RIGHTS RESERVED./ (C) YAMASA Co. Ltd. All Rights Reserved.

| まりも | 21:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実家に行ってきました

時間が取れたので、茨城は神栖市の実家へ帰省しました。

神栖市は東日本大震災によって被災した地域のひとつで、自分は地震発生後5日目に帰ったわけですが、当然ながら震災の爪痕はまだまだ残っていました。


110316_1620+01_convert_20110319203454.jpg
この道路、元々は平坦だったんですが、車道が陥没し、逆に歩道が隆起したため、車道と歩道で1mくらいの高低差ができてしまっています。


110316_1622+02_convert_20110319203908.jpg
上の歩道を逆側から撮ったもの。土とアスファルトの部分は、地震前はやはり平坦でした。



110316_1624+01_convert_20110319204546.jpg
飛び出したマンホール。こういうのが、道路のあちこちにありました。



ご先祖様に今回のことを報告に行こうと墓地へ向かうと…

墓
入口付近で既に激しい地割れ。



墓 奥
奥の方はもっと酷い惨状でした。
こんな中にあって、ウチの墓が全くの無傷だったのは奇跡としか言いようがありません。



このほかにも津波で流されたコンテナが川にブッ刺さっていたり、同じく津波で友人の車が流されたまま行方不明だったり、海岸付近の工場から出火したりと色々な被害がありました。また、水道は町全体で復旧しておらず、電気が通っていないところもあります。

僕の実家も1mくらい地盤沈下し、家の中を歩くと坂道を横切ったような感覚を受けます。日光江戸村に行ったことのある方なら、忍者屋敷を想像してもらえれば分かりやすいかと。平坦なところを歩いているつもりなのに、体が右or左に引っ張られる感じです。

東北地方の被害があまりに甚大すぎてその他の地域についてはさほど伝えられていませんが、関東や甲信越、更にはつい先日地震に見舞われた静岡には、この神栖市のように深刻な被害を受けた地域がいくつもあると思います。
家を失った方、避難されている方の救済が最優先ではありますが、そうした方以外にも救いの手を必要としている人間が沢山いることを知っていただき、東北地方を始めとした各地域の復興支援が一過性のものに終わらないことを、被災家族の1人として願い、期待しています。

また、家族や友人が被災された方は、もし可能であれば、たとえ被災された人たちが遠慮しても様子を見に行くべきだと思います。自分がそうだったように、被災地で一般人ができることなんてほとんどありませんが、それでも被災された人たちは肉親や友人に会うだけで安心するようですから。直接会って「命があって何よりだ」と伝えるだけで、十分な励みになるはずです。その際には、二次災害に巻き込まれないよう十分ご注意ください。

最後になりましたが、今回の震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

| まりも | 22:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。