回胴遊撃隊BLOG

コホ・木村魚拓・まりも・バイソン松本・中武一日二膳ら、パチスロ必勝ガイドで活躍するパチスロライターのブログ。…と思ったら大間違いの、基本担当編集と漫画部の活動記録。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫 その7

ご無沙汰してました。鈴虫です。


先日、とある居酒屋で、隣のテーブルに座る男子グループがパチスロの話にご熱心。すると、急に僕の顔を見るなり彼らが声をかけてきたのです。


「あの、違ったらすいません」


ええ、そうです。必勝ガイドライターの鈴虫君ですよ、またの名を世界のSUZUMUSHIKUNと言いますよ。ちょっとだけドヤったのですが、大きくドヤらなくてよかったです。


「もしかして、○○さんの現場で働いてませんか?」

働いてねーよ。俺は現場作業員かよ。重たい物なんて力がなくて運べないし。残っていたお酒を一気に飲み干し、そそくさと帰りました。

120124_144840.jpg
スポンサーサイト

| 鈴虫君 | 14:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫 その6

おひさしぶりです、鈴虫です。


素材は決して悪くないのに、それをダメにしてしまう人っていますよね?


あちゃー、その話、すごいおもしろいのに、話し手がキミじゃなければもっと笑えたよとか。


おまえさ、中の上ぐらいの顔レベルなのに、化粧したらかわいくないよねとか。


あと一歩のところで何かをミスる人、周りにいませんか。自分もかなりその才能があり、特に痛感したのは写真撮りの下手っぷり。


下の写真は福岡で食べた明太子入りの卵焼き。ね? 名前はおいしそうでしょ? 実際にすごいおいしかったんだけど、写真を見るとまったくおいしそうに見えない。

110825_201810.jpg

| 鈴虫君 | 13:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫 その5

先日、天下布武を初打ちしました。すると、数十ゲームに一回の割合でリールが引っかかるというか、とにかく気持ち悪い動きをするんです。ほら、末期の吉宗とか老朽化の進んだ台によく見られる現象ですよ。


それがあまりにも気になったから、店員さんを呼んで事情を説明して直してくれと、お願いしたわけです。


台を開け、首を捻る店員さん。どうやらおかしいとこは特に見当たらなかったらしく、申し訳ありませんが、我慢してくれとのこと。


チッ、しょーがねーな。打ちたかった台だし、我慢して打ちますよ。その後も何度か同じ現象が起きるたびに不快な思いをしたけど、ゲーム性は悪くないし、これは今後も打ち込みたい機種ができた。だから、ちゃんと直しとけよ。そうつぶやき帰宅。そこからはガイドを読みながらお決まりの復習とお勉強タイムですわ。そこには驚きの文章が…。


「ブルリスタートは決戦REGのチャンス」


ケゲッ。リールが引っかかるやつは演出だったのかよ! それなのに、店員さんを呼んでリールを直せって言っちゃった俺って恥ずかしすぎるでしょ。ああ、蟻の巣があったら入りたい。店員さん、ごめん。俺、もう少し勉強するわ。

110331_203402.jpg

| 鈴虫君 | 16:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫です。 その4

スロガイフラグが配信停止になり、僕が何かを発信できる場がガイドをはじめとする雑誌を除くと、この遊撃隊ブログということになります。制約は何一つなく、自由に書けるのはうれしいかぎり。

これまで更新していなかったのは、忘れていたから。その存在をフィリピンで頑張っている坊主頭というかハゲ頭の日記を見て思い出しました。

というわけで、僕の身の回りで起きたニュースを、何を書いても許されるここでお伝えしたいと思います。

今から10日ほど前、草野球で昨年のヒット数を上回る3本目を記録し、暫定首位打者に躍り出るという快挙がありました。ちなみに、3試合で三振はわずか1回と、奇跡のような振る舞いでチームの顔というべき存在にまで成長した9番セカンド鈴虫ですが、その先には落とし穴が…。

草野球では異例ともいえる9回の表まで続いた試合で、相手チームが放ったセカンドゴロを今季、失策ゼロの男、人呼んで試合を終わらせる男・鈴虫が難なく捌き、ファーストに送球した瞬間、ふくらはぎがおもいっきりツリました。

その場にうずくまり、立てない僕にチームメイトが駆け寄り、ふくらはぎを伸ばす処置をしてくれたのですが、戻る気配はナシ。痛みはずっと続き、さすがにマズいと思った直後、チームの一人がこうつぶやきました。

「鈴虫、勃起してない?」

してないっすよ! あっ、ちょっとしてるかも…。いやいや、そんなこと気にしてる場合じゃないですから。それでも、恥ずかしいから借り物のグローブを股間に置いて隠していたら、その持ち主が…

「テメー、俺のグローブをチ○ポの上に置いてんじゃねー!」

えっ? なんで、俺が怒られてるの? 病人なんですけど。それも、かなり重症と思われる。

さらには、邪魔だから運ぶかと、かなり雑な運びかたでベンチまで連れて行かれ、あとは放置ですよ。そこに舞い降りたのがポニーテールの似合う天使です。

なんと、相手チームにソフトボール経験者と思われるポニーテールの若い女性がいて、そのコがベンチの裏に座って苦しむ僕のもとにやってきて、「よかったら、マッサージしましょうか?」と、つぶらな瞳で話しかけてきたのです。

まさに、天啓っ! 神が与えしポニーテールっ! 神よっ、俺を祝福しろっ! そうなりますよね。ただ、さっきの「鈴虫、勃起してない?」。この一言が頭をよぎり、その優しさを断っちゃいました。試合中にベンチではなく、グラウンド内から野次が飛んでくるのは目に見えているし、僕がなじられるならいい。ただ、純粋な彼女がそれを聞いて不愉快な思いをしたら、そして、素直な僕の股間を見たら、男が嫌いになるのではないだろうか。

そして、男と一緒になってまでやりたい野球をできなくなってしまうのではないか。そんな考えが頭をよぎって、丁重に断りを入れたんだけど、初対面の女性に体を触られる機会なんてそうあることじゃないし、もしかして貴重な経験を自ら放棄してしまった悔しさもある。

自分は風俗に一度も行ったことがないから、そういう経験はナシ。しかも、野球が上手くてポニーテールの似合う女性なんてシチュエーションはそうあるもんじゃない。

ああ、これを書いていたらさらに後悔の年が強くなってきた。こんな思いは2年前にクズ田中さんと行った埼玉のフィリピンパブで、輝きを放っていた女性に扇風機の回転力を「強」に設定したようなディープキスをされ、その後も何度かメールをやり取りしたけど、何も発展しなかったとき以来の不甲斐なさ。

あのときもたしかに勃起していた。それがどうしたって話だけど、最近の自分は後悔だらけ。別にそれでもいいから、どんなときもいつになっても甘酸っぱい記憶だけは守ってほしい。忘れてくれるな。

※夏が近づいてますね。近所の猫は暑がりです。

110504_170401.jpg

| 鈴虫君 | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫です。 その4

嫁と離婚して家財道具をすべて持っていかれたんだけど、その中でもっとも困ったのが冷蔵庫。

ジュースやお酒はぬるくなるし、他の食材は悪くなる。そのときに救いの手をさしのべてくれたのがマリーことまりもさんで、不要になった冷蔵庫をいただきました。

また、ジャンこと中武さんには車を出してもらい運搬や、さらには洗濯機の取り付けまですべてやってくれました。

あのときの感謝の気持ちは今でも忘れていませんが、冷蔵庫をもらってから2年。とある疑問は解決していません。冷凍の場所に貼られていた一枚のシール、これはなんでしょうか。はっきり言ってダサいんですけど…。マリーさんには納得のいく説明を求めたいです。

110304_170912.jpg

| 鈴虫君 | 13:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。