回胴遊撃隊BLOG

コホ・木村魚拓・まりも・バイソン松本・中武一日二膳ら、パチスロ必勝ガイドで活躍するパチスロライターのブログ。…と思ったら大間違いの、基本担当編集と漫画部の活動記録。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北関東大震災 ヤマシタ01

こんにちは、担当編集のヤマシタです。

この3日間、悩んでいました。
いつもだいたい下らないことで悩んでいるのですが、珍しくまじめに悩んでいました。
私がこのブログに今回の体験を書き綴ることに、一体どんな意義があるのかと。
自己満足以外の、何ものでもないのではないかと。

3月11日の午前11時、私は茨城県北部のとある病院に到着しました。
その日の朝、父から、母がクモ膜下出血で倒れたと、先生いわく五分五分の状態であると連絡があり、特急で故郷へ向かったのです。

私が到着したのとほぼ同時刻に、母の手術は始まりました。
そして14時46分、手術中に、あの未曾有の大地震が発生したのでした。

茨城県北部、震度6強。

電気、水道、ガスはストップ。

発生直後から鳴り響く、津波からの避難勧告放送。津波到達予定時刻は15時30分。

救急車で運ばれた日に、よりにもよって…。

母の命はさらに危うくなり、また3歳と1歳になったばかりの娘をはじめとする家族、そして自らの命までもが危ぶまれるという状況に、私は様々な覚悟を強いられ、様々な決断を強いられました。

そして、念願の通電がなされた3日後、私はテレビのモニターに映った光景を、にわかには信じられないでいました。

結果的に、今現在、母は生きています。私はもちろん他の家族も大丈夫でした。しかし、東北地方の皆様は…言葉になりません。

炊きたての温かいご飯を、あんなにも美味しく感じるとは思いませんでした。
きれいなお湯に浸かるのを、あんなにも気持ちよく感じるとは思いませんでした。
朝起きて顔を、帰宅して手を、気軽に洗えることに幸せを感じるとは思いませんでした。

被災され、いまなお苦しんでいる皆様に、一刻も早く普通の幸せが戻ってくることを、心より願っております。
そしてお亡くなりになられた方々に、心からお悔やみ申し上げます。

《続きます》
関連記事

| 編集ヤマシタ | 02:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。