回胴遊撃隊BLOG

コホ・木村魚拓・まりも・バイソン松本・中武一日二膳ら、パチスロ必勝ガイドで活躍するパチスロライターのブログ。…と思ったら大間違いの、基本担当編集と漫画部の活動記録。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫です。 その4

スロガイフラグが配信停止になり、僕が何かを発信できる場がガイドをはじめとする雑誌を除くと、この遊撃隊ブログということになります。制約は何一つなく、自由に書けるのはうれしいかぎり。

これまで更新していなかったのは、忘れていたから。その存在をフィリピンで頑張っている坊主頭というかハゲ頭の日記を見て思い出しました。

というわけで、僕の身の回りで起きたニュースを、何を書いても許されるここでお伝えしたいと思います。

今から10日ほど前、草野球で昨年のヒット数を上回る3本目を記録し、暫定首位打者に躍り出るという快挙がありました。ちなみに、3試合で三振はわずか1回と、奇跡のような振る舞いでチームの顔というべき存在にまで成長した9番セカンド鈴虫ですが、その先には落とし穴が…。

草野球では異例ともいえる9回の表まで続いた試合で、相手チームが放ったセカンドゴロを今季、失策ゼロの男、人呼んで試合を終わらせる男・鈴虫が難なく捌き、ファーストに送球した瞬間、ふくらはぎがおもいっきりツリました。

その場にうずくまり、立てない僕にチームメイトが駆け寄り、ふくらはぎを伸ばす処置をしてくれたのですが、戻る気配はナシ。痛みはずっと続き、さすがにマズいと思った直後、チームの一人がこうつぶやきました。

「鈴虫、勃起してない?」

してないっすよ! あっ、ちょっとしてるかも…。いやいや、そんなこと気にしてる場合じゃないですから。それでも、恥ずかしいから借り物のグローブを股間に置いて隠していたら、その持ち主が…

「テメー、俺のグローブをチ○ポの上に置いてんじゃねー!」

えっ? なんで、俺が怒られてるの? 病人なんですけど。それも、かなり重症と思われる。

さらには、邪魔だから運ぶかと、かなり雑な運びかたでベンチまで連れて行かれ、あとは放置ですよ。そこに舞い降りたのがポニーテールの似合う天使です。

なんと、相手チームにソフトボール経験者と思われるポニーテールの若い女性がいて、そのコがベンチの裏に座って苦しむ僕のもとにやってきて、「よかったら、マッサージしましょうか?」と、つぶらな瞳で話しかけてきたのです。

まさに、天啓っ! 神が与えしポニーテールっ! 神よっ、俺を祝福しろっ! そうなりますよね。ただ、さっきの「鈴虫、勃起してない?」。この一言が頭をよぎり、その優しさを断っちゃいました。試合中にベンチではなく、グラウンド内から野次が飛んでくるのは目に見えているし、僕がなじられるならいい。ただ、純粋な彼女がそれを聞いて不愉快な思いをしたら、そして、素直な僕の股間を見たら、男が嫌いになるのではないだろうか。

そして、男と一緒になってまでやりたい野球をできなくなってしまうのではないか。そんな考えが頭をよぎって、丁重に断りを入れたんだけど、初対面の女性に体を触られる機会なんてそうあることじゃないし、もしかして貴重な経験を自ら放棄してしまった悔しさもある。

自分は風俗に一度も行ったことがないから、そういう経験はナシ。しかも、野球が上手くてポニーテールの似合う女性なんてシチュエーションはそうあるもんじゃない。

ああ、これを書いていたらさらに後悔の年が強くなってきた。こんな思いは2年前にクズ田中さんと行った埼玉のフィリピンパブで、輝きを放っていた女性に扇風機の回転力を「強」に設定したようなディープキスをされ、その後も何度かメールをやり取りしたけど、何も発展しなかったとき以来の不甲斐なさ。

あのときもたしかに勃起していた。それがどうしたって話だけど、最近の自分は後悔だらけ。別にそれでもいいから、どんなときもいつになっても甘酸っぱい記憶だけは守ってほしい。忘れてくれるな。

※夏が近づいてますね。近所の猫は暑がりです。

110504_170401.jpg
関連記事

| 鈴虫君 | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。